2017年4月19日水曜日

『よのなかを変える技術 ―14歳からのソーシャルデザイン入門―』を読み直す 1 ―ソーシャルデザインって何?―

こんにちは。尾野です。

今日は某カフェで仕事をしています。
「引きこもり」ならぬ「外こもり」を長いことしていたので、すっかり慣れました。
いわゆる「ノマドワーカー」ってやつです、ええ(笑)。

さて、今日から、ある本を詳細に読んでいく特集をしたいと思います。
お題は、お友達の今一生さんが2015年に出した、『よのなかを変える技術 ―14歳からのソーシャルデザイン入門』。
そうです。私の人生を変えてしまった、あの本ですね。

ここのところ忙しくて読書から離れていたのですが、甲府でのイベントを控えていることもあり、もう一度この本を読み直してみることにしました。
しばしの間、お付き合いください。

さて、今さんの講演のお題にもある、「ソーシャルデザイン」ですが。
多分、まだ適切な訳語が与えらえていない、っていう理解でいいですか、今さん?
日本ではまだ概念が普及してないので、日本語の名前が与えられていないんでしょうな。
大きい辞典だと20年がかりで編纂なんてザラにあるんで、もしかしたら訳語が与えられるのは20年後かも。
頑張ってくれよ、言語学者の皆様。

で、今さんはどう説明しているかというと…。

きみにとって弱者や少数派は、それまで出会ったことのない異文化のはずだ。「よのなかの仕組み」によって弱者にさせられた少数派は、貧困家庭に育っている人だけじゃない。同性愛者や障がい者、親からひどい虐待を受けてる人、ハーフの子、難民、10代のシングルマザー、家出少年、売春少女、レイプ被害者など、実にさまざまな少数派が、きみと同じ時代を生きている。
きみの生い立ちや境遇とはあまりにも違っているように感じてるうちは、彼らの言い分や気持ちをすぐには理解できないかもしれない。でも、彼らにしか持ち得なかった「当事者固有の価値」を発見すれば、「よのなかの仕組み」を誰にとっても生きやすいものへと変えていける。そのような社会変革の活動を、「ソーシャルデザイン」というんだ。


私の場合、虐待・いじめ・パワハラを経験してきているし、うつ病・発達障害持ちなんで、今さんの言葉は割とスッと入ってきました。
でも、マイノリティであることを経験していない人には、よくわからない世界なのかもしれない。
もう少し、具体例を知りたいな。
というわけで、続きはまた明日以降。