2017年5月20日土曜日

見えないところで泣く子ども -2分の1成人式は児童虐待以外の何物でもない-

こんにちは。尾野です。
うだるような暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

さて、今日は、暑さどころか薄気味悪くて寒気がするお話を少ししたいと思います。

皆様は、こちらのニュースをお読みになられましたか?

2分の1成人式、広がる 「感謝の言葉」苦にする子も(朝日新聞)

「2分の1成人式」って何?という方は、試しにこちらをご覧ください。


実はこの動画を見た私は、少々気分が悪くなりました。
なぜなら、自分が児童虐待を受けていたから。

親から虐待を受けている子どもも、「2分の1成人式」では、親への感謝を述べないといけない。
下手をすると、自分を殺すかもしれない、その親にですよ?
これって、たまらなく薄気味悪くないですか?
まあ、こんなものを流行らせてるのは誰か、目的は何か、大体察しはついてるんですが。
どうせ、「家族の責任」とやらで、社会保障を削って個々の家庭に押し付けたい、例の方々の仕業でしょうよ。
朝日新聞さんも、そこまでは突っ込めなかったようですね。

虐待被害者として、一言いわせてもらいます。
「ふざけるな!こんなもの流行らせるお前らは、全員児童虐待加害者だ!」

さて、そもそも児童虐待って何?って皆様。
詳しくは、こちらをどうぞ。


もうね、昨日あたりから、こちらは具合が悪くてしょうがないです。
ちょっと休ませてくださいな。

2017年5月8日月曜日

個人が実現する「ソーシャルデザイン」 ―5/6講演会のご報告―

こんばんは。尾野です。

一昨日のイベント、今一生氏講演会「ソーシャルデザインって何? -生きづらさを解決する集中講義-」にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
主催として、至らない部分が多々あり、皆様にご心配とご迷惑をおかけしてしまいましたが、皆様のおかげで無事ミッションを完了することができました。


最終的な決算をまだしていないので、確認はとれていませんが、来場者数は15人ほど。
正直、ビジネスとしては赤字です。
でも、今回に関しては想定内でした。
私にとってのミッションは、収益を上げることではなく、「ソーシャルデザイン」を行動によって実現する、「ソーシャルアクション」を形にすることなのですから。

今回の収穫としては、
・イベントの回し方を知ったこと
・メディアを動かし、新聞に載ってしまったこと
・参加者の皆様に満足していただけたこと
が挙げられるのですが、実は自分の中での一番の収穫は、なんと…。

「自分の価値観を変えたこと」でした。

イベント翌日、私は酷いパワハラを仕掛けてきた元職場に挨拶に行きました。
図書館情報学者として請けた、某学会の役職づき名刺を持って。

愉快でしたよ。
万年病弱下っ端公務員が、今度は専門家として元職場に「逆襲」したんですから。
こんな楽しくて平和で、社会的意義のある革命ってある?

そもそも、病気持ちだからって、職場で迫害される理由はなかったんです。
自分が、職場におびえる理由なんて、どこにもなかった。
そのことを、私自身が、証明したんです。



ひとつ、どうしても納得いかないのは、「興味がある」を連発しながら、来なかった山梨の人たち。
何を、そんなにおびえているの?
一歩を踏み出さないと、生きづらさは変わらないよ?
今のままだと、辛いままだよ?
良かったら、今度は自分でイベントを開催して、私を呼んでください。
一応、これでも、講師経験は何度かあるので。

興味がある方は、私のTwitterアカウントをフォローしてDMするか、メールを下さい。
予算・スケジュールは相談に応じますので。

今回、いろんな気づきをくれた、参加者の皆様。
そして、低予算・低スペック主催の申し出を引き受けてくださった、今一生さん。
本当に、ありがとうございます。

私自身は、手芸家としても、ライターとしても、まだまだ駆け出し。
さて、次はどんな、面白いことをしようかな。





2017年5月4日木曜日

『よのなかを変える技術 ―14歳からのソーシャルデザイン入門―』を読み直す 3  ― 民間にいてもよのなかは動かせるし、変えられる ―

こんばんは。尾野です。

本日も引き続き、お友達の今一生さんの著書、『よのなかを変える技術 ―14歳からのソーシャルデザイン入門―』を読んでいきます。
章立てとしては大体、

第4章 「よのなか」を変えるには
第5章 新しい「よのなか」を続けるために
第6章 新しい「よのなか」を作った人たち

が対応しているとお考え下さい。

実は、明後日に迫った、今一生氏講演会「ソーシャルデザインって何? -生きづらさを解決する集中講義-」は、私が「よのなか」を変えるための最初のアクションであり、自営業者として初めて手掛けるイベントでもあります。
























公務員時代、私はずっと、自分の生きづらさの正体を探っていました。
その結果、やはり生きづらさの原因がよのなかの仕組みにあるらしい、と気づきました。
自分一人を責めても、解決しない問題だったんですよね。

私と同じように、よのなかには生きづらい仕組みがあって、それを変えていく方法も同時にある。
情報が出回らない山梨で、みんなによのなかの仕組みを考えてほしい。
だからこそ、このイベントを企画しました。

あえて有料イベントにしたのは、自分の経営の才覚を試してみたかったのと、有料イベントにすることで物販が可能になるから。
無料イベントだと、物販不可のところが多いんですよ。
自営業者には、正直何のメリットもない。

ただ、私一人だと広報もままならない。
集客がうまくいかず、ここのところ、精神的に参っていました。
ところが、そんなところに強力な援軍が。

なんと、山梨日日新聞さんが、5/3の紙面で今回のイベントについて取り上げてくださったのです。
それも、経済面の特等席で。
























普通、自営業者開催のイベントが、これほど大きく取り上げられることはありません。
ひとえに、取材してくださった青柳秀弥さん、そして企画を受け入れてくださった山梨日日新聞さんにはお礼を申し上げます。

なんでここまで、新聞社を動かせたのか。
実は、『よのなかを変える技術 ―14歳からのソーシャルデザイン入門―』にもコツが書いてあります。
ただ、私は役所勤めが長かったので、山梨独特のメディアの動きを知っていた。
そのため、今さんとは違う独自ルートでメディアへのアプローチをしました。
その辺は、イベント後のオフ会でお話しします。
メディアに取材されたい方はぜひお越しください。

今回は単発イベントですが、会場の文化のるつぼ へちまさんでは、イベントに向いているたくさんのプランを用意してくださっています。
イベントはコツさえつかめば、子どもでも、障害があっても、誰でもできます。
だから、私のようにまずは一歩、よのなかを変えるために踏み出してみてください。
自分のやりたい仕事で、よのなかを動かし、変えていくって、大変だけど面白いよ。

イベントもオフ会も、まだまだ参加者募集中。
詳しくは、こちらのブログからどうぞ。